>

フロアコーディング基礎情報

どんなふうになるの?

まず、フロアコーディングをした方の声として、「床がつやつやできれいになった!」という嬉しい声が多くあります。
毎日、床の掃除をするのも大変ですから、少しの手間で楽ができると嬉しいですよね。
しかし、経験者の方の中には、「UVコーディングにしたのに、本当に紫外線がカットされているか謎」という声も聴きます。
この方は、フロアコーディングをした会社に連絡すると、すぐに塗り直しをしてくださったようですが、他の会社を利用した方は「そんなものです」と一蹴されてしまったケースも。
良いフロアコーディングをするためには、良い会社を選ぶことも重要になってくるんですね。
会社の中には、「傷がついたら直します!」というオプション付きのところもあるようです。

こんな例もあります

先ほど説明した、ガラスコーディング剤に注目して口コミを見てみましょう。
ガラスコーディングの良い評判として、「木目が自然な形にきれいに見えるようになった!」という声が多くあります。
フローリングにワックスがけをすると、思ったよりもつやつやではなく、ぎらぎらしたかんじになったことはありませんか?
ガラスコーディングはそのようなことがなく、フローリングの自然な色合いやつやを出すことができるという口コミが多いです。
また、つやの度合いも細かく決めることができるので、あなたのご自宅の雰囲気に合わせて様々な形に変えることができるのが魅力的です。

しかし、良くない評判もあります。
「やりはじめてから終わるまでが長かった」という声をよく聞きます。
きれいにじっくりやるので、どうしても時間がかかり過ぎてしまうことが悩みの種のようですね。


この記事をシェアする